最近ハマっている漫画「僕のヒーローアカデミア」

気温の上がり下がりが激しい今日この頃ですが、最近ハマっているというか、好きだな?という漫画があるので今日はそちらの話をしたいと思います。
「僕のヒーローアカデミア」通所ヒロアカという堀越耕平先生の漫画です。今じゃだいぶ世間に広まっていると思うのですが、知らない人もいると思うので、軽く内容の話をすると、世界の人々はそれぞれ何かしらの個性を持って産まれてくる(口から火がだせるとか、でかくなれるとは様々)ような社会の中で、強い個性を持っている悪者に対し、その悪者を退治するヒーローという職業があり、主人公である緑谷出久が憧れ、そのヒーローになる為にヒーロー専門学校的なのに通い、ヒーローを目指す。おおまかにいうとこんな感じですかね。多分知っている人からすると、下手くそな説明なのですがそこは勘弁してください。この漫画の面白いところはなんといっても、それぞれの個性がどのようなものなのか、どんな応用が可能なのかなど一人一人違った能力を持っている為、キャラの分だけ楽しみがある感じなので、それだけでとても面白く感じてしまいます。個性といっても、ただムキムキになるだけの個性もありますが、物を無重力にできたり、肘からセロハンテープを出せたり、脂肪を原料になんでも作り出せたりみたいなものなど現実離れした個性だらけなので、読み続ける中で興奮が止まらないんですよ!異能力が好きな人は是非読んでみるべきだと思います。あんまり長くても何いってんだこいつって思われそうなのでここまでにしときましょうかな(まだまだ深いところまで話したい)
ではでは、短かったですが少しでも気になったのなら是非一度読んでみてください!絶対にハマると思うので。https://www.koushien.jp/zaiseki.html