帰ってきた2ニックネームの邦人投手から目が離せない

今年は、前田健太投手がレギュラー執筆し、活躍を見せていてすごく楽しみな年間となりそうですが、前年怪我で戦いにでれずに悔しい思いをした、2呼び名がかえってきましたね。田中将大投手とダルビッシュ投手。田中将大投手は、それ程調子がそれほどなさそうでも敢然と押えるところが最も頼もしいし、リライアビリティが著しくでてきて、レギュラーにも慣れてきた感覚で、分隊からも必要とされるスポーツマンとなってきました。そして、過日年間と約半年ぶりにレギュラーのマウンドに戻ってきたダルビッシュ投手ですが、嬉しい復古劇でビックリと一気に感動しました。肘の手術の以下がゆとり不安でしたが球速もよっぽど落ちて無く、打者もバットに考えることのできないスライダーは天下一品ですね。少々、5回までのマウンドで級数も80球のポイントもあるようですが、徐々にに100球を超えてくるのではないかと思います。支えからも信者からも歓喜されて分隊のファンタジスタとして今後も欲が膨らみますね。邦人投手活躍お願いします。